住宅プレゼンは「見る」から「体感する」へ
バーチャル空間体感システムARCHITREND VR

ヘッドマウントを装着すると、そこにはVR(バーチャルリアリティ)空間が広がります!
CADで作ったプランが、そのままバーチャル・モデルハウスとなってお施主様をお迎えします。
よりリアルに、より新しく、最先端の住宅提案の始まりです。

2017年7月19日 ARCHITREND VR Ver.2リリース!

VR空間での多彩なアクションが可能に
活用シーンの幅を広げるアクティブなVR体験を実現!

「プランに入り、プランを歩き、プランを体感する」
究極の住宅プレゼンテーション!

お施主様は圧倒的な没入感とともに実際の目線でバーチャル空間を歩き、そこでの生活を疑似体験できます。
建具の開き具合やキッチンの高さ、通路の幅、コンセントの位置など、図面やパースではリアルな使い心地はなかなか伝わらず、見落としや行き違いの元ともなりかねません。
ARCHITREND VRは、そんな問題を一気にクリア!

全国7拠点のショールーム・営業所にて、VRをご体感ください!

身体で感じるスケール感

等身大でバーチャル空間を把握

自らの目線・動きに連動したVR体験ができるので、実生活を想定したスケール感まで明確に把握できます。

リアルな空間が生み出す圧倒的な没入感

その場に立っているかのような圧倒的な没入感で、部屋の広さや吹抜け、天井の高さ、内装の色などを確認できます。

模型モードで細部まで確認

縦・横・斜めからバーチャル模型を自由に切断して、住戸全体をあらゆる方向から確認できます。

構造説明もわかりやすく

耐震性への関心が高まる中、基礎や梁・柱、筋かいなどの構造も実寸大で説明できます。

※構造図データのVR出力にはARCHITREND ZEROオプションプログラム「パーススタジオ“P-style”」が必要です。

実生活を想定したシチュエーション提案

アクティブな空間体験
 

左:ドアの開き勝手や干渉をチェック。 右:調光イメージで、照明の位置やダウンライトの取り付け数を確認。
ドアやサッシ、カーテンの開閉、照明のON/OFFなど実生活での使い勝手を把握できます。また時間帯ごとの調光や採光イメージの確認も可能です。

仕様決めもVRで!
リフォーム提案にも効果大


「3Dカタログ.com」に収録された、実際の建材、住宅設備でコーディネート。
メーカー建材や住宅設備を使って入替シミュレーションが可能。未来の住宅内で仕様決めが行えるので、イメージの食い違いも少なくなります。

実売建材の配置イメージを体感
 

実在のメーカー製品のキッチン台や戸棚の高さの使い勝手を確認したり、家事動線も実感で確認して検討できます。

建具や住宅設備、
壁・床などの情報を表示

選定した建材、住宅設備のメーカー名や製品名などの情報は、VR画面上に表示されるので、施主様との共有もスムーズです。

※「3Dカタログ.com」は福井コンピュータドットコム株式会社が運営するWEBサービスです。詳しくはこちらをご参照ください。

ARCHITREND ZEROの物件データをワンタッチでVRに

ARCHITREND ZEROで作成したプランデータは、標準機能の「VRデータ作成コマンド」でワンタッチでVRデータに変換! あとは、専用ファイルをARCHITREND VRで開いて、ヘッドマウントを装着すると、目の前にはリアルなバーチャル空間が広がります。

※ARCHITREND Modelio、ARCHITREND リフォームエディションは、ARCHITREND ZEROに読み込むことでVR体験可能です。

3Dカタログ.comとの連携で、よりリアルなVR体験が可能です。

新築もリフォームも、実在の多彩なメーカー製品で3Dシミュレーション!

国内最大級の実建材・設備製品データが一堂に揃った複合型WEBショールーム「3Dカタログ.com」。
誰でもWEB上で施工した完成イメージを確認しながら、建材の選定、住まいづくりにお役立ていただけます。
さらにARCHITREND ZEROと連携することで実際の設計やプレゼン・積算にも連動させることができ、VR体験にもその情報が反映されます。

スマートフォン・タブレットに対応

モデルルーム、イベント会場、施主宅訪問時など、様々な場面でより手軽に「3D」を活用した提案が行えるので、提案の幅が広がります。

バーチャル空間体感システム ARCHITREND VR

ページトップ