実施設計

工法にとらわれず緻密に再現。本物の専用CADパフォーマンス

ARCHITREND Zが自動処理する図面再現力は、設計者が手を加えるところがない程のクオリティーを誇ります。全ての図面が基本データをもとに作成されるため、図面間の整合性にも狂いが生じません。

program

木造矩計図/断面図・2×4矩計図/断面図・ S/RC矩計図/断面図・平面詳細図・展開図・建具表/キープラン・ 仕上表(仕様書作成に含む)・電気/衛生設備図

平面詳細図

1/100の平面図から
1/50の平面詳細図を自動作成

自動立上ボタンを押すだけで、各寸法線や断熱材、部位ごとの仕様や床高増減などを自動描画加筆修正後に設計変更が生じた場合には、必要な部分だけを自動立ち上げすることも可能です。

時代のニーズに対応した表現が可能

住宅サッシの新寸法体系((社)日本サッシ協会策定)や外張断熱工法、リフォームで需要の高い二重サッシなどの表現も難しい設定なしに行えます。各種図面ファイルや3Dモデルなど幅広いファイルフォーマットへの入出力に対応し、様々なシステムで利用可能です。

矩計図・断面図

作成は切断面の指定のみ

切断面を指定するだけで、断面図や1/30レベルの矩計図を自動作成。各寸法線や断熱材、部位仕様や建具の高さなども自動描画されます。

様々な構造の矩計図の作成が可能

躯体は木造、2×4、S/RCの構造設定に合わせて自動配置。木造にRC造のビルトインガレージといった混構造や外張断熱工法にも対応。

自動描画も高精度に

アンカーボルトやかすがい、羽子板ボルトなどの構造金物も自動描画。軒樋は屋根伏図から連動。べた基礎表現や鋼製束、プラ束にも対応。

様々なシステムと連携するデータ互換性

ARCHITRENDZで作成したデータは、各種図面ファイルや3Dモデルなど幅広いファイルフォーマットへの入出力に対応し、様々なシステムで利用可能です。

建具表・キープラン

平面図から自動作成

平面図とキープラン、建具表が連動し修正がそれぞれに反映されるので図面の食い違いがありません。絵柄や仕様変更なども簡単に行えます。

電気・衛生設備図

電気・設備シンボルを豊富に収録

電気配線の入力では他の配線との優先・分割処理を自動で行い、衛生配管では重なる配管を自動で継手処理します。

展開図

作成場所を指定するだけ

作成する部屋と視点を設定するだけで自動作成。壁、建具、仕上線、断面見付方向まで表現可能です。複数の部屋や、吹抜けも上下階がわかれることなく作成可能。

ページトップ