セミナー概要

設計がこんなにラクになる?! IT業界の巨人が薦める本気のトランスフォーメーションこれからのクラウド活用術

行政主導のDX促進により、押印廃止や様々な電子申請移行が進められており、コロナ禍も拍車を掛け、建設業界でも早急なデジタル化、クラウド対応、新しいワークスタイルの確立が急務となっています。
本セミナーでは「建設業界でのクラウド活用」「オンライン確認申請」、ユーザー様による「設計効率テクニック」など多彩な内容でお送りします。
9月15日に発売になったARCHITREND ZERO Ver.8も詳しくご紹介します!

日時 10月1日(金)13:30~17:00
定員 定員2000名(定員になり次第締め切ります。)
参加費 無料・事前申込制
場所 職場でもご自宅でも視聴可能なオンラインセミナー
申込締切 9月30日(木)24:00まで

【基調講演】 13:50~14:50(60分)クラウド活用

マイクロソフトが語る!クラウド活用による働き方改革のポイント建設業界におけるクラウド活用とは?

講師:小杉 靖氏
日本マイクロソフト株式会社
コーポレートソリューション事業本部
第一インテリジェントクラウド営業本部 本部長

クラウドに関する社会情勢や今後の動向、建築業界における運用事例などを交えながら、どのような業務でどのように活用すべきかなどのポイントを分かりやすく解説します。

●プロフィール/小杉 靖(こすぎ・やすし)
2000年筑波大学卒、国内のSIerに3年勤務のち、ネクストスケープの創業期に5人目の社員として入社。システムインテグレーション事業のリード、そしてクラウドインテグレーション事業やMixed Reality事業の立ち上げ14年にわたり行い、2018年にマイクロソフトに入社。中堅中小規模のお客様にPublic CloudのAzureの利活用をリードし、お客様のクラウド化を通じてTech Intensityの向上に注力している。

【テクニカルセミナー1】 15:30~16:10(40分)オンライン申請

指定確認検査機関がこれからのWeb申請を分かりやすく解説!今日からはじめよう!オンライン確認申請

講師:佐々木 彰氏
株式会社 J建築検査センター 企画部 部長

押印廃止など建築業界でもオンライン化が活発になる中、確認申請のWeb申請について運用フローからメリット・注意点などを分かりやすく解説いたします。

●プロフィール/佐々木 彰(ささき・あきら)
建築基準法に基づいて確認済証や検査済証の交付を行う民間の指定確認検査機関で、審査担当の後、電子申請等のICT環境整備を行う。ITツールを活用し業務プロセスの改善や新サービスの創出に取り組む。「建築確認におけるBIM活用推進協議会」にも参加中。
https://www.jaic-co.com/

【テクニカルセミナー2】 16:10~16:50(40分)設計業務の効率化

年間300棟以上の設計コンサルをこなすパワーユーザー様が語る!実務者目線の設計効率テクニック

講師:三ノ宮 浩 氏
株式会社 エー・ディー・エル
一級建築士事務所

設計業務の効率化やオンラインを想定した新しい申請業務の在り方など、豊富な設計コンサル経験をもつアーキトレンドユーザー様が詳しく解説いたします。

●プロフィール/三ノ宮 浩(さんのみや・ひろし)
一級建築士。【略 歴】読売九州理工専門学校 建築学科 卒業。昭和61年4月 タナカ設計1級建築士事務所 入社。昭和63年5月 SANデザイン工房 設立。平成 2 年2月 株式会社エー・ディー・エル 入社。平成29年7月 同社 管理建築士就任。【主な講演テーマ】木造、鉄骨造、RC造の設計・監理の経験と地域工務店向けに減税・補助金 活用のサポートやコンサルティングの経験を活かした「スキルが身につく」研修を実施。
https://www.adl-fk.com/

福井コンピュータアーキテクトからのおしらせ

すぐに業務に役立つ! 最新製品情報・運用方法をご提案いたします!

2021年9月15日のARCHITREND ZERO Ver.8リリースに合わせ3Dカタログ.comに新たなデータ共有サービス【ARCHITREND Drive】が誕生。クラウド上で共有・参照・編集しながら社内データを利活用できるため、各種アプリケーションとのデータ連携やWeb申請による業務効率化、タブレットを活用した非対面営業など、営業~設計~生産に至るシーンで運用効果が向上できます。セミナーでクラウド連携のメリット、運用方法を詳しくご紹介します。

セミナー視聴には事前のお申込みが必要です。

  • ※お申込み後、自動返信メールに記載の視聴URLよりご参加ください。
  • ※今後の新型コロナウイルスの感染拡大などの状況により配信方法の変更や開催中止となる場合があります。