GLOOBEグローブ 2020新機能概要

確認申請との連携

申請面積専用の入力/ 確認ステージをご用意しました。モデル入力の段階で、階数と高さの判定、容積率/ 建ぺい率の判定が行えます。

図面作成ステージに「確認申請図」のグループを新設。確認申請書に必要な図面がスムーズに作成できます。

日本ERI 株式会社の「建築確認申請書作成ツール」とGLOOBE がデータ連携できるようになりました。
それにより、確認申請書の作成を省力化することが可能となります。

※「建築確認申請書作成ツール」とは、確認申請時に必要な書類作成を簡便に行えるよう、指定確認検査機関 日本ERI株式会社が作成したツールです。日本ERIの無料会員サイト「@ERI倶楽部」からダウンロード可能です。

躯体図出力

GLOOBEのモデル情報から、見上図・見下図・屋上伏図・基礎伏図・杭伏図・底盤伏図・断面図などの躯体図を自動作成して、施工段階においてもGLOOBEをご活用いただけます。
記号マスタは編集ダイアログを用意し、部材種別毎の記号登録編集が行えるようになりました。

杭、異厚フカシ仕上入力など新規オブジェクトを用意し、IFCファイル形式でJ-BIM 施工図CADとの連携が可能になりました。

※福井コンピュータアーキテクト(株)製
施工図作成システム「J-BIM施工図CAD 2019」以降

クラウド対応チームシステム

複数のメンバーが同じプロジェクトに対して作業が行えるチームシステムを標準搭載しました。
事業所間・協力会社間の垣根を越えて設計作業が行えます。

3D PDF出力

プレゼンステージにおいて、3Dモデルを3D PDFでの出力が可能です。
汎用ファイル形式であるPDFに出力することで、3Dモデルを利用した情報共有や意思疎通が、より簡単・便利に行えます。

ソーシャルメディア