確認申請フロントローディングを促進。

日本のBIMたるGLOOBEが有する「建築基準法インフォメーション」を追求し、確認申請機能のさらなる強化を目指しました。

主要構造部耐火性能編集 耐火時間を色分け表示

階毎に一括設定を行うことで、個別の設定漏れを防ぐことが可能になり、編集の省力化が図れます。IFC/STBファイルで読み込んだBIMデータにも有効です。

燃焼するおそれのない部分への対応

「延焼部分」タブ-「性能編集」コマンドや、新規追加の「主要構造部耐火性能編集」コマンドなどで、延焼ライン参照領域に緩和(除外部分)を適用できます。

※令和2年国土交通省告示第197号

角度寸法コマンド

建築物の外壁面と延焼みなし境界線上の線分を指定し、延焼みなし境界線と当該建築物の部分が水平方向においてなす角度の寸法線(θ)および寸法補助線を作図。

燃焼ラインコマンド

1つの延焼みなし境界線分に対して、1階/2階以上 の燃焼ラインを登録。ただし、2階以上で角度寸法線の入力がなかった場合、2階以上の燃焼ラインは作成しない。1階の燃焼ライン立体は地盤面~2階 FL、2階以上は2階 FL~緩和高さ(or 最高階高+2m)。

用途地域ごとの三斜分割

「 申請面積」 -「 敷地面積確認」コマンドで、用途地域ごとの三斜区画分割に対応。用途地域ごとに敷地面積算定の根拠・計算式を表示します。

平均地盤算定建物

日影算定用と平均地盤算定用に計算建物を分けることで、ユーザーが求める算定ポイントの作成に対応。また、建物モデルとの差異を確認しやすくなるよう、算定ポイントの3D表示に対応。

容積率不算入緩和項目追加・確認申請ツール反映

容積率判定の強化として、容積率不算入対象の緩和区分を追加し、容積率算定延べ面積の自動計算に対応。また、申請書作成ツール※の容積率不算入対象面積の反映にも対応し、手動で入力する手間を軽減します。

※「申請書作成ツール」とは、確認申請時に必要な書類作成を簡便に行えるよう、指定確認検査機関 日本ERI株式会社が作成したツールです。日本ERIの無料会員サイト「@ERI倶楽部」からダウンロード可能です。

フォトリアルなCGを簡単に!
【GLOOBE V-style】新規オプションプログラム

最新のレンダリングエンジン「V-Ray※」を搭載した新オプションプログラム「GLOOBE V-style」。空気感のある雰囲気や細かいディテール演出などのフォトリアル品質と簡便な操作性を両立して、どなたでも訴求力の高いビジュアライゼーションが実現できます。

  • ※プログラムの動作には、GLOOBE Architect基本(GLOOBE2021)が必要です。

ソーシャルメディア