お知らせ

新建築基準法への対応について

========================================================================
   建築基準法改正に伴う、建築CAD製品の対応について
========================================================================


2007年6月20日施行の建築基準法改正に伴い、
・ARCHITREND Z
・TREND Pilot
がマイナーバージョンアップしましたのでご案内いたします。


---------------------------------------------------------------------------
★ ARCHITREND Z Ver2.2情報
---------------------------------------------------------------------------

【主な追加機能】
申請図書に記載すべき事項のチェックが行える「申請ナビ機能」の搭載。
申請図書の整合性チェックに有効な、「更新日簡易チェック機能」の搭載。
軸組計算、耐力壁計算において石膏ボードの壁倍率の変更など。
詳しくはニュースリリースをご覧ください。

【プログラムの入手方法】
FCコンシェルジュおよびソフトウェア自動アップデートにおいて、2007年7月23日よりアップデートファイルの提供を開始しました。

【ご注意】
●申請ナビ機能をご使用になるには、申請ナビ用のマスタが必要です。
FCコンシェルジュより「申請ナビマスタ更新ツール」も併せてダウンロードしていただき、
セットアップを実行してください。
また、新機能に対応したHELPにつきましてももFCコンシェルジュよりダウンロードしていただき、
セットアップを実行してください。


---------------------------------------------------------------------------
★ TREND Pilot Ver5.4情報
---------------------------------------------------------------------------

【 TREND Pilot 新様式対応版(Ver5.4)の主な変更点】
代表設計者やその他設計者、作成した設計図書の記載など、今回の建築基準法施行規則の改正に関する確認申請様式に対応しました。

【プログラムの入手方法】
FCコンシェルジュおよびソフトウェア自動アップデートにおいて、2007年6月20日よりアップデートファイルの提供を開始しました。

【ご注意】
●旧バージョン(Ver5.3以前)で作成したデータを読み込んだ場合、書式は新書式にて表示されます。
旧様式のままのご利用をご希望される場合は、旧バージョン(Ver5.3)のままご利用いただくか、新旧両方のプログラムをインストールしてご利用ください。新旧両方のプログラムをご利用する場合のインストール方法は、FCコンシェルジュ内のTREND Pilot修正プログラムダウンロードページにてご案内致しております。

●新バージョンで作成、保存したデータは旧バージョンでは読み込めません。
Pilot Ver5.4 ビルド1108以降のプログラムで、過去バージョンの申請書データを読み込んで保存した場合、Pilot Ver5.4 ビルド1107以前のプログラムでは読み込めなくなります。旧様式でもデータをご利用になる場合は、名前をつけて保存を行ない、新旧用にそれぞれのデータをご用意いただくことをお勧め致します。

●今回は様式のみの対応で、FD申請には未対応となっております。
また、建築基準法施行規則に則した様式となっており、各特定行政庁・指定確認検査機関により異なる場合があります。


なお、2002年12月に提供を終了した「TREND Plot シェアウェア版」の新様式対応版につきましては、こちらをご覧ください。