アナログ+デジタルの融合で直感性と利便性を両立

部屋の入力

外周をなぞらって始点・終点を結ぶことで部屋として一つの閉空間を認識

面積・寸法線の自動配置

部屋として認識されると同時に自動的に寸法線や面積を表示

シンボルの削除

消去コマンドを選ばずにペンをゴシゴシするだけで直感的に削除

部屋名称の入力

手描き文字をテキスト変換して部屋名称を設定

注記・メモの追加

フリースケッチで注記やメモ、図形などを自由に書き込むことが可能

カメラ・画像の連携

カメラ機能と連携して間取り図と写真・イメージ画像を関連付け

ARCHITREND ZERO・Modelioとデータ双方向連携
間取りデータを有効活用!

まどりっちで作成した初期プランニングやリフォーム現況調査などの間取りデータを3Dカタログ.comのストレージエリアを介して3D建築CADシステム「ARCHITREND ZERO」、住宅プレゼンソフト「ARCHITREND Modelio」などのCADデータに自動変換可能。またCADで作成した平面プランを間取りデータとしてまどりっちに連携、設計担当者が作成したARCHITREND ZEROなどの平面プランを活用して施主様との打ち合わせ・イメージ共有が効果的に行えます。

ARCHITREND ZEROでは部屋の形状や名称、建具位置・種別、住設機器などを自動変換して住宅BIM モデルとして利活用できます。連携後は自由にプラン編集したり、フォトリアルパースや確認申請・ZEH などの申請図面、積算見積にまで横断的に展開できるため、さらなる設計フローの効率化が図れます。
ARCHITREND Modelioでは平面図・立面図、CGパースなど、初期提案に活用できます。

  • ※CADデータ連携にはARCHITREND ZERO基本プログラム Ver.8以降、ARCHITREND Modelio Ver.7.1以降と3Dカタログ.com 有料契約AプランまたはBプランが必要です。
  • ※Aプランご契約の場合はアップロードのみ可能で1契約あたり10プランまで保存できます。Bプランご契約の場合は保存できるプラン数の制限はなく、ARCHITREND Driveの契約容量により変わります。
  • ※プレスリリースはこちら
  • ※体験版での連携はまどりっちからARCHITREND ZEROへの連携のみとなります。双方向連携は行えません。

動作環境

iPadPro〈第1世代以降〉/iPadAir〈第3世代以降〉/iPad〈第6世代以降〉/iPadmini〈第5世代以降〉

  • ※対応OS:iPadOS13/14
  • ※ApplePencilの利用を推奨