りのべっちでできること

リノベーション業務のさまざまなシチュエーションで活用

iPad/iPhone ならではの携帯性で社内外を問わずさまざまなシチュエーションで活用できます。営業マンや設計スタ ッフ、施主様まで含めたプレイヤーが運用することで、現況調査だけでなく初期プランニングやコーディネートの省力化、 施主様へのご提案やコミュニケーションを促進できます。

現況調査

屋外等でも手軽に操作できるので既存物件の現況調査でフル活用

設計・コーディネート

手描き感覚でエスキスしながら現況図面の入力を省力化

リノベーション提案

CADデータに自動変換して計画図の作成や具体的なリノベ提案

一般消費者(施主)

施主様自身が思い描くリノベーションイメージなどを具現化

アナログ+デジタルの融合で直感性と利便性を両立

直感的な操作で現況図作成や現況写真撮影などを省力化。リノベーション業務におけるモバイルワーク支援としてユーザー様の生産性向上を支援します。

手描き感覚の直感的な操作

紙に手描きしているような「直感性」で誰でもすぐに使える「利便性」を実現。

3Dスキャン(LiDAR機能)

部屋線をスキャンしていくだけで寸法情報を持った3Dモデルと現況図を生成。

下図取込からの既存図作成

下図を参照しながらトレースしてスピーディーで正確な現況図作成も可能。

3Dモデル表示と調査報告書

3Dモデル化して形状や面積などを確認。調査報告書としてPDF出力も可能。

ARCHITREND ZERO連携

クラウド(ATDrive)を介してZEROデータに自動変換。様々な設計業務に活用。

3Dカタログ.com連携

実建材コンテンツを3Dモデルに反映させてリアルな建材イメージを表現。

ARCHITREND ZEROに連携して
CADデータに自動変換

「りのべっち」で作成したプランデータをクラウド(ARCHITREND Drive)にアップロードしてARCHITREND ZEROのCADデータに自動変換。そこからフォトリアルパースや積算・見積などに展開して現況調査からリノベーション設計までスムーズな業務フローが実現できます。さらに、ARCHITREND ZEROデータを「りのべっち」に取り込めるので、OB客などのリノベーション提案でも活用できます。

  • ※データ連携には ARCHITREND ZERO Ver.10 とリノベーションオプションならびに3Dカタログ.com有料サービス契約(B会員)が必要です。
  • ※プレスリリースはこちら

アプリダウンロード

QRコードが読めない方は下記リンクよりアプリを無料ダウンロードいただけます。

APP Store アプリ

動作環境

  • 対応OS:iOS 16/17、iPadOS 16/17
  • ※3Dスキャン機能はLiDARを搭載するiOS/iPadOS16以降のデバイス〔iPhone12 Pro以上/iPad Pro(11インチ第2世代及び12.9インチ第4世代)以上〕でのみ利用可能
  • ※iPadOSデバイスではApple Pencil利用を推奨
  • りのべっち利用規約はこちらをご確認ください。
  • 操作等に関するお問合せ対応は行っておりません。サポートサイトのご利用をお願いいたします。