緻密な計画が手戻りをなくす。

基本設計時に構造の検討や法的区画の考慮、数量集計から概算見積もりなどが行えます。
GLOOBE の基本設計は常に法規やコストを睨みながら行うことで、実施設計での手戻りを最小限に留めることができます。

仕上仕様計画

室別の仕上情報(床・壁・天井・巾木・廻縁)から仕上部材を一括配置します。仕上部材の配置により図面詳細表現、立体表現の精度が向上します。設計後、仕上部材の情報を集約・編集して仕上表を自動作図します。

仕上表と3Dモデルが連動

建具仕様設計

配置建具に条件を与えて建具符号を自動付番します。符号付き建具を建具表に登録して、建具絵柄・属性情報を一括して編集します。設計後、建具表に登録した建具情報から建具キープラン・建具表を自動作図します。

建具設計の専用ステージ

オブジェクトリスト

すべての配置部材の属性情報、参考集計値を一覧表形式で表示します。属性情報は一覧表上のセル操作によって一括して編集します。一覧情報をエクセルファイルやデータベースファイルに出力して情報の2次利用を行います。

オブジェクトリストと3Dモデルが連動

構造材の表現

GLOOBEでは柱・梁・スラブの表現はもちろん、梁のハンチやべた基礎、独立基礎といった豊富なシンボルを搭載しています。また貯水槽のある物件などでは地下ピットの表現も可能なため、意匠段階でも構造体を意識したプランニングが可能になります。意匠と合わせて構造体を見せるデザインの際も、忠実に建物の表現を行うことでクライアントへの理解を促すことができます。

プレカットCADデータ読み込み

プレカットCAD で作成した木造構造図を、CEDXM(シーデクセマ)形式にて読み込みを可能としました。意匠設計図と統合し、現場監理用データとして将来にわたって活用できます。

躯体図出力

GLOOBEのモデル情報から、見上図・見下図・屋上伏図・基礎伏図・杭伏図・底盤伏図・断面図などの躯体図を自動作成して、施工段階においてもGLOOBEをご活用いただけます。
記号マスタは編集ダイアログを用意し、部材種別毎の記号登録編集が行えるようになりました。

杭、異厚フカシ仕上入力など新規オブジェクトを用意し、IFCファイル形式でJ-BIM 施工図CADとの連携が可能になりました。

※福井コンピュータアーキテクト(株)製
施工図作成システム「J-BIM施工図CAD 2019」以降

モデル比較整合チェック

デザイン検討や、意匠/ 構造の比較検討が簡単に行えるようになりました。複数のモデルを重ねたり並べたり、モデルを比較検討した内容を雲形で保存し変更指示することが可能になります。変更指示や修正後のチェックなど、さまざまな用途で使い道がひろがります。

GLOOBEのモデル(意匠)と構造モデル(ST-Bridge)・施工モデル(IFC)のデータを重ね合わせ、「柱、壁、梁、スラブ」の躯体データの不整合をチェック。
範囲でのチェック、躯体を指定しての取り込みなども可能です。

ユニット

モデル内で繰り返し配置される要素をまとめてモジュール化。モデル内部で参照するデータのため、データ量を抑えることができ、管理が容易です。ユニット配置後にユニットデータを変更することで、配置済みの全てのデータに反映され、数量や面積なども把握できるため、設計効率の向上につながります。

凡例機能・ラベル機能

図面上・立体上で部材を色分け表示をして属性情報を可視化します。同様に部材の属性情報を文字列として図面上に表示します。可視化した属性情報の確認・編集を繰り返しながら、建物設計の精度を向上させていきます。

3次元の色塗り図

ラベル機能で図面作成

厚みの違う壁や大きさの違う柱など、属性情報を省略記号で表します。凡例省略記号は建物モデル上や図面上に作図でき、一括塗りつぶしを使った凡例表現が可能です。

凡例省略記号

凡例一括塗りつぶし

データチェック

部材の重複や隙間、躯体と開口部の離れなどの設計上の不具合をチェック検出して画面上に表示します。また、スラブ上端、梁上端の高さの違いを色分けしてレベルチェックが行えます。該当箇所を平面的・立体的に確認しながら、正確なデータ作成が可能となります。

不具合箇所を平面・立体で確認しながら、データ修正可能

高さの違いを色付け

ソーシャルメディア