精巧・緻密な表現を圧倒的なスピードで

基本設計モデルデータをもとに詳細図を生成させるため、図面間の整合性にも狂いが生じません。GLOOBEが自動処理する高精度な図面再現力によって設計者の負担を軽減し有効な時間確保に繋げます。

ディテール

建具納りや軒先の断面形状など、設計者こだわりのディテールを「自由に」「高精度に」作成でき、そのディテールは3 次元にも図面にも正確に表現されます。

建具外枠割付け

一般的な建具納り形状を幅広くテンプレートに搭載。ワンタッチで、目的のディテールを表現できます。

建具拡張

建具の詳細表現を作成します。無目方立の立体形状、扉・障子の平面表現をカスタマイズして、詳細な立体表現・図面表現を行います。

建具平面・断面・3D

オブジェクト断面形状

水切りや笠木などの断面形状と納りを、2次元的に描くことで詳細な3Dと図面を作成できます。

躯体端部

RC 手摺壁の天端や、バルコニースラブ先端の排水溝などの詳細な設計形状を自由に作成できます。

詳細仕様の設計

屋根の防水や躯体の断面構成、仕上下地のボード張りの工法など、詳細な仕様を自由に作成でき、図面表現や引出線・仕上表と連動するため、正確性や設計スピードが大幅に向上します。

複層構成オブジェクト

壁の乾式耐火認定壁や屋根の防水構成など、詳細な仕様構成も簡単な操作で作成できます。

壁の構成(躯体、フカシ、断熱、2重壁、内外仕上)

フカシ断熱材配置

躯体に対するフカシや断熱材は、設計の進捗に応じて必要な時に簡単にセットできます。

フカシや現場施工断熱材を一括自動で配置します。配置条件(建物の内部外部、壁・柱・梁・スラブの属性)を指定して実行します。

詳細図引出線

仕上などのオブジェクト属性と連動した引出線を自動作成するため、引出線内容の記載ミスがありません。

設計寸法の調整

寸法や天井高、屋根勾配など、オブジェクト情報を変更するだけで、データは自動的に編集されるため、設計寸法の調整や設計変更の労力から大幅に解放されます。

補助寸法編集

建具幅や壁スパンの変更は、そのデータをクリックして寸法値を変更するだけで簡単に編集できます。

オブジェクト追従処理

補助寸法編集や屋根勾配などを変更することで、それらに関連するオブジェクトも追従して変更されます。

詳細図寸法線

建具幅や壁厚などのオブジェクトと連動する寸法線を自動作成するため、寸法の食い違いがありません。

各種計算・図面・確認申請

基本設計段階で必要な面積計算や法的計算、実施設計に必要な各種図面や、確認申請に必要な日影図などの法的な図面を、モデルデータから自動生成し、変更も自動更新されるため、設計スピードを飛躍的に高めます。

面積求積図・求積表

床面積や舗装面積など求積図を自動作成し、求積表では円弧も含め根拠式の自動化も対応しています。

基本設計図

カラーの平面図や立面図・断面図など、提案用に必要な図面をモデルデータから自動作成します。

概算数量

入力している部材数量を集計してエクセルに出力します。概算コストを簡単に算出することができます。

申請面積

申請面積専用の入力/ 確認ステージをご用意しました。モデル入力の段階で、階数と高さの判定、容積率/ 建蔽率の判定が行えます。

防火区画・防煙区画

法的区画の性能編集コマンドを追加し、柱・壁・建具の区画種別情報の確認と編集。

直通階段に至る歩行距離

動線の重複距離の計算。

日影図・天空図

日影図や天空図など、確認申請に必要な法的関連図面をモデルデータから自動作成します。

延焼部分

境界線情報から延焼ラインを自動作成します。延焼の恐れのある部分に含まれる建具に対し防火設備性能を自動割り当てします。

延焼ラインを自動作成

採光/換気/排煙チェック

採光・換気・排煙に対する有効開口面積の計算と判定を自動で行います。NG 判定に対してその場で設計変更を行いながら、法的要件をクリアしていきます。設計完了後、計算式・判定結果を自動作図して、確認申請図書を作成します。

判定結果や計算根拠はその場で確認。NG 時は建具形状等を変更して再チェック可能

申請図面作成 

図面作成ステージには「確認申請図」のグループがあり、確認申請書に必要な図面がスムーズに作成できます。

申請書作成ツール

日本ERI 株式会社の「申請書作成ツール」とGLOOBE がデータ連携。確認申請書の作成を省力化することが可能です。

※「申請書作成ツール」とは、確認申請時に必要な書類作成を簡便に行えるよう、指定確認検査機関 日本ERI株式会社が作成したツールです。日本ERIの無料会員サイト「@ERI倶楽部」からダウンロード可能です。

実施設計図面

モデルデータから図面を自動作成するため、整合性のとれた実施設計図面が効率的に作成できます。

図面整合チェック

モデルデータの設計変更内容を作成済の図面に一括更新できるため、常に図面の整合を確保できます。

その他

国交省BIM ガイドライン対応「SXF 入出力」

国土交通省BIMガイドラインで求められているSXF 形式に出力します。発注図を下図として利用することもできます。

用紙のグループ化

用紙をグループ化して図面管理を行います。大量図面の管理、図面編集の操作性が向上します。

詳細設計

壁は躯体壁・間仕切り壁、フカシ・増し打ち・断熱材、複合壁・2 重壁、内部外部壁仕上げを使って詳細表現を作成します。建具は建具種別、建具絵柄、外枠形状断面、区画断面を使って詳細表現を作成します。階段は段タイプ、段表・段裏の仕上・下地、ささら桁タイプ、導線・切断線編集で詳細表現を作成します。

階段断面・3D

ソーシャルメディア