FM情報の割り当て(マイニング)に必要なIDを各オブジェクトに自動割当てすることで、ファシリティマネジメントの作業時間を短縮でき、中長期修繕計画の検討を容易にします。

BIM-FM

BIMからFMに連携し建物管理に繋げ、維持・運用することを目的としたシステム。

GLOOBEの目指しているBIM―FMとは?


BIMは様々な情報媒体(プラットフォーム)になり大量の情報を管理・運用できます。通常のBIM 運用としては新築時に必要な情報が大半でFMに使いたいときに欲しい情報が無いケースがあります。わざわざFMに使いたい情報を施工BIMから作り直すのでは大変な作業になります。その手間を削減し普段使っているBIMからFMに本当に繋げられるシステムをBIM-FMと考えております。

GLOOBEの建物モデル情報には、
FMの建物管理情報が紐づけ可能

  • BIMの建物モデル情報にFM 分類項目(大・中・小)を付加できます。
  • ルールに従い自動でFM 分類項目を割り当てることができます(マイニング)。
  • オブジェクトの部材を自動でマージ(統合)します(外建て・内建ての区別など)。
  • 一つのオブジェクトに複数のFM 分類項目を割り当てられます。
  • 修繕/ 点検/ 清掃/ 運転監視/ 警備のFM 分類項目を割り当て検討ができます。
  • FM 分類項目を割り当て済みか未処理の状態かを建物モデルを見ながら管理でき、割り当て忘れを防止できます。

FM分類項目の割り当て(マイニング機能)

FM専用ソフトとの連携

マイニング済みのBIMモデルからFM 専用ソフトへ連携することで、中長期修繕計画の自動作成、施設台帳の自動作成を可能にし、各種の資料作成時間を大幅に短縮します。

ソーシャルメディア