建築確認申請に必要な
「建築基準法インフォメーション」を内包

「申請面積の自動計算」や「有効採光計算の対向建物対応」など多くの法改定にも順応しており、よりスムーズな確認申請図の作成や確認申請ツールへの連携ができます。

確認申請

建築確認申請に必要な「建築基準法インフォメーション」を内包しており、「申請面積の自動計算」や「有効採光計算の対向建物対応」など多くの法改定にも順応しており、よりスムーズな確認申請図の作成や確認申請ツールへの連携ができます。

床面積求積、容積率・建蔽率

申請面積専用の入力/ 確認ステージを用意。モデル入力の段階で、階数と高さの判定、容積率/ 建蔽率の判定が行えます。

床面積や舗装面積など求積図を自動作成し、求積表では円弧も含め根拠式の自動化も対応しています。

申請面積専用の入力/ 確認ステージをご用意しました。モデル入力の段階で、階数と高さの判定、容積率/ 建蔽率の判定が行えます。

防火区画・防煙区画

法的区画の性能編集コマンドを追加し、柱・壁・建具の区画種別情報の確認と編集。

直通階段に至る歩行距離

動線の重複距離の計算。

耐火・防火

階毎に一括設定を行うことで、個別の設定漏れを防ぐことが可能になり、編集の省力化が図れます。IFC/STBファイルで読み込んだBIMデータにも有効です。

延焼ライン・燃焼ライン

「延焼部分」タブ-「性能編集」コマンドや、新規追加の「主要構造部耐火性能編集」コマンドなどで、延焼ライン参照領域に緩和(除外部分)を適用できます。※令和2年国土交通省告示第197号

延焼部分

境界線情報から延焼ラインを自動作成します。延焼の恐れのある部分に含まれる建具に対し防火設備性能を自動割り当てします。

延焼ラインを自動作成

採光/換気/排煙チェック

採光・換気・排煙に対する有効開口面積の計算と判定を自動で行います。NG 判定に対してその場で設計変更を行いながら、法的要件をクリアしていきます。設計完了後、計算式・判定結果を自動作図して、確認申請図書を作成します。

判定結果や計算根拠はその場で確認。NG 時は建具形状等を変更して再チェック可能

両建物の水平距離となる部分を指定することで、補正係数も含め、有効採光を自動計算できます

 
日本ERI 「建築確認申請書作成ツール」連携

日本ERI 株式会社の建築確認申請書作成ツールに、GLOOBE のモデルから計算した階数や床面積、建蔽率、容積率などの建物情報を連携ファイルとして出力し確認申請書を作成する事ができます。※「建築確認申請書作成ツール」とは、確認申請時に必要な書類作成を簡便に行えるよう、指定確認検査機関 日本ERI株式会社が作成したツールです。日本ERIの無料会員サイト「@ERI倶楽部」からダウンロード可能です。

建築行政情報センター「確認申請プログラム」連携

一般財団法人 建築行政情報センターの確認申請プログラム専用フォーマットのXML出力に対応。確認申請書作成の幅を広げて、申請業務の効率化・デジタル化が可能です。

各種計算・図面

基本設計段階で必要な面積計算や法的計算、実施設計に必要な各種図面や、確認申請に必要な日影図などの法的な図面を、モデルデータから自動生成し、変更も自動更新されるため、設計スピードを飛躍的に高めます。

日影図・天空図

日影図や天空図など、確認申請に必要な法的関連図面をモデルデータから自動作成します。

申請図面作成 

図面作成ステージには「確認申請図」のグループがあり、確認申請書に必要な図面がスムーズに作成できます。

ソーシャルメディア