複数人での作業分担やリモートワーク、協力企業やGLOOBE以外の異なるBIMソフト間でのモデルデータの管理・運用が行える機能を搭載。手戻りを最小限に留め、常に整合の取れた状態で作業を進めることで、ミスの削減、効率化が可能となります。

クラウド対応チームシステム

複数のメンバーが同じプロジェクトに対して作業が行えるチームシステムを標準搭載。クラウドを介し事業所間・協力会社間の垣根を越えて設計作業が行えます。

モデルリンク・モデル統合

大規模プロジェクトでは、チーム設計機能を使って大規模設計を行います。棟別モデルを作成、「外部参照」機能を使って棟別モデルをプロジェクト全体の建物モデルとして統合します。

モデル比較整合チェック

デザイン検討や、意匠/ 構造の比較検討が簡単に行えるようになりました。複数のモデルを重ねたり並べたり、モデルを比較検討した内容を雲形で保存し変更指示することが可能になります。変更指示や修正後のチェックなど、さまざまな用途で使い道がひろがります。

GLOOBEのモデル(意匠)と構造モデル(ST-Bridge)・施工モデル(IFC)のデータを重ね合わせ、「柱、壁、梁、スラブ」の躯体データの不整合がチェックできます。
範囲でのチェック、躯体を指定しての取り込みなども可能です。

BCFファイル対応

BCFとは(BIM Collaboration Format)の略で、「IFCファイルを利用するユーザーの相互コミュニケーションを容易にする」ためのフォーマットに対応。
指摘箇所を的確、かつ確実に把握/修正し、修正個所の情報のみでのコミュニケーションが可能です。
IFCデータを直接やり取りする必要がないため、IFC 変換の頻度が減り、業務時間が短縮されます。

ソーシャルメディア