「粗」から「密」へ設計本来の流れに沿って。

GLOOBEによる3次元設計は、最初から全てを詳細に入力する必要はありません。大まかに、未確定のまま進めて、変更や修正を繰返しながら必要な時に必要なだけ設計の進捗に合せて入力していく。そんな設計本来の流れを再現しています。

デザイン

GLOOBEのデザイン機能は、ずば抜けた自由度の高さと「敷居」の低さが特徴です。設計者のデザインアイディアを「思うがままに」「直観的に」表現できます。

セットバック

柱や壁・カーテンウォールを折ったり曲げたり、イメージを確認しながら自在にデザインできます。

曲面屋根

不連続な曲面を組み合わせた屋根も、2次元作図感覚で屋根断面を描くだけで造りだせます。

多彩な建具表現

凝ったデザインの建具も姿図を描くような操作で、そのまま3Dデータにも、図面にもなります。
内側と外側で異なる建具の作成ができ、各面毎に絵柄の編集が可能です。簡単に素材を貼りつけオリジナルの建具が作成できます。

画像ファイルを使った建具デザイン

入力編集スタイル

GLOOBE は、3次元化のための難しいスキルは必要ありません。平面でも、立面でも、断面でも、まるで2次元CAD のようなシンプルなスタイルで入力編集が行えます。

データ取合い処理

柱や壁・仕上などの包絡や勝ち負けの自動処理により、データ編集の手間がなく設計に集中できます。

見付面入力編集

破いて張り合わせたような壁仕上などの複雑な見付形状も、展開図で描くような操作で入力編集できます。

3Dを意識しないデータ参照入力

平面で梁を入力すると、自動的に屋根勾配に沿って入力されるなど、様々なデータ参照入力を搭載。

3D寸法線・引出線

3Dビュー上のBIMモデルに寸法線・引出線をダイレクトに入力します。同時に2次元図面を3Dビュー上に表示して、設計の確認を行います。

寸法線・引き出し線を3D画面にダイレクト入力
2次元図面を3Dビュー上に表示

雲形

モデル・図面上の問題箇所に「雲形」を配置して、指摘事項を書き込みます。「雲形リスト」から問題箇所にジャンプして編集作業を行います。

雲形リストから問題箇所にジャンプして即修正

オブジェクト・部品

GLOOBEは、BIMによる建築設計をするために必要なツールを豊富に標準搭載しています。初めて触れる方でも、迷わずにこれらを駆使して、プレゼンデータから図面まで作成することができます。

建築オブジェクトツール

柱や壁、建具、仕上など、建物を構成する部材を幅広く建築ツールとして装備しています。

畳割付

畳の割付を作成します。帖数指定や畳サイズ指定で多彩な畳割付を行います。畳表や畳縁にテクスチャを設定してリアルな3D 表現を行います。

大広間の畳割り付けも簡単に設定
畳割付

汎用オブジェクト

オリジナル家具などの3D 部品も、自由にデザインできる機能を搭載しています。

2次元作図の感覚でより自由な形状を

部材断面の自由形状、自由形状の組み合わせ、曲面的な屋根を使って複雑な立体を表現します。2次元作図と同様な操作感で、複雑な立体形状を正確にカットする断面図やリアルなCGパース作成が可能です。

不連続な曲面を組み合わせた屋根、特異な形状の柱など様々な立体形状を簡単に

光る看板

オブジェクト作成において、板状・壁状の立体が作成しやすくなりました。板状・壁状の面を簡単に光らせることもできます。プレゼン品質の向上につながります。

ソーシャルメディア