どこからでも自由に、あなた自身の設計手法で。

日本では、一般的に建物用途や業態により設計手法は異なっています。特に基本計画の「入口」は千差万別です。 GLOOBEは、ユーザの設計スタイルに柔軟に対応できるよう、様々な設計アプローチに対応することができます。

法的規制から逆日影斜線解析・建蔽率・容積率

マンションなど、法規制の中で最大ボリュームを取ることが重要なプロジェクトでは、逆日影・斜線計算から、メッシュ状の鳥かごやブロックモデルによるボリューム検討から、計画を開始できます。

日影計算・地盤算定

与条件を設定して、各種日影図を作成します。建物ボリューム・高さの検討と同時に平均地盤面の計算を行い、地盤算定図・表の作成を行います。

天空率・逆天空

日影計算と同時に天空率によるボリュームチェックを行います。さらに、天空率判定NG ポイントに対して計画建物を自動調整して天空率をクリアするシミュレーション機能も実装しています。

容積率はいつでも確認可能

モデル入力の段階で、階数と高さの判定、容積率/ 建蔽率の判定が行えます。

単線プランから建物の空間配列から設計

ブロックプランやゾーン計画を重視したいプロジェクトでは、室名や専用ゾーン・共用ゾーンなどの空間情報を持ったオブジェクトを使い、シングルラインプランから計画を開始できます。

用途区画

空間用途別にゾーン検討を行います。住戸タイプ別ゾーン、駐車ゾーン、緑化ゾーンなどの用途区画を配置します。2次元・3次元の色別表示や用途別面積表を確認しながら、企画設計を行えます。

用途区画の配置
色別に用途区画を確認

自然な流れでゾーン計画

スケッチ感覚でスペースを入力し、大まかに機能を割付け素早くゾーン計画。ダイアグラムも立体的に確認できます。

粗から密へ自然な流れで設計

最初は細かく決め込まず、大まかに作ったゾーン計画を修正しつつ徐々に作り込む。「粗」から「密」へ設計できます。

ゾーン別の占有率をチェック

商業施設におけるレンタブル比やマンションの住戸面積の占有率をチェックしながら、効率的に平面計画を詰めていくことができます。

外観デザインからスタディモデルの作成

外観スタイルを重視したいプロジェクトでは、スケッチ感覚でデザインスタディから始めることができます。自由度の高いデザイン機能によって、粘土細工のようにスタディモデルを作成しながらデザイン検討が行えます。

点群データ読み込み

周辺地形の点群の利用、既存構造物の点群の重ね合わせなど、点群とBIMデータを合成し、様々な検討やプレゼンテーションが行えます。読み込んだ点群データは、レンダリング(CGパース)やVRにも出力されます。

景観地形データの読み込み

地理院地図の標高タイルを読み込み、正確な地形データと写真画像によるリアルな景観を表現できます。

※地理院地図とは、地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が発信するウェブ地図です。

敷地・地形

敷地境界線・周辺地形を作成します。作成方法は「2次元図面の下図」、「SIMA 読込」、「座標入力」など多彩です。敷地・地形情報から集団規定チェック、求積図作成を行います。

SIMA敷地読込
敷地境界線・周辺地形

階高を認識しながらスイープ

敷地上に面を入力し高さを数値/マウスで指定しモデルを立上げます。階高を認識しながらの伸縮も可能です。

実建材素材を貼付けリアルな仕上り

形状ができたら実建材の素材を貼付けて、よりリアルな仕上りに。日本仕様の実建材データも豊富に揃います。

Trimble SketchUpTMデータからモデル作成

Trimble SketchUpTMで作成したモデルを読込み、編集しながら建物デザインを検討することも可能です。

フォトモンタージュ

計画中の建物モデルと現況写真との背景合成が容易になりました。計画地に完成した後の建物と周辺のイメージがわかりやすく、用途や景観に合わせた提案が可能になります。

2次元CADデータからJWW/DXF/DWG/SXFの活用

今お使いの2次元CADで作成した図面をGLOOBEで読み込みます。CAD 図面を下図として配置。下図をなぞって部材を配置します。モデルを短時間で正確に作成できます。

2次元CADデータ

JWW/DXF/DWG/SXFの汎用2次元CADデータを利用し、GLOOBEへ取り込みます。

基本モデルから詳細デザインへ

CAD下図をなぞって基本モデルを作成。GLOOBEでさらに編集して詳細デザインを検討していきます。

詳細デザインから計画レビュー

編集した詳細デザインモデルから、3次元的に計画内容のレビューができます。

ソーシャルメディア