フォトリアルなCGを簡単に!
【GLOOBE V-style】新規オプションプログラム

最新のレンダリングエンジン「V-Ray※」を搭載した新オプションプログラム「GLOOBE V-style」。空気感のある雰囲気や細かいディテール演出などのフォトリアル品質と簡便な操作性を両立して、どなたでも訴求力の高いビジュアライゼーションが実現できます。

  • ※プログラムの動作には、GLOOBE Architect基本(GLOOBE2021)が必要です。

高品位レンダリングでハイレベルな
CGパース作成も素早く簡単に

天空光やアンビエントオクルージョンなど最新のレンダリング機能を搭載。レンダリング時間の大幅短縮で、素早く高品質の3DCG パースが作成可能。また複雑な設定をしなくても、「あおり補正」機能で建物の垂直部分を強調した迫力のあるパースが作成できます。

アンビエントオクルージョンによるレンダリング
あおり補正で迫力のあるCGが簡単に作成可能

まるでその場にいるかのようにバーチャル体験
【GLOOBE VR】

様々な業界で話題のVRに対応。ヘッドマウントディスプレイを装着することで、GLOOBEで作成したモデルプランの中を、圧倒的没入感とともに実際の目線で歩き、空間スケールを体感できます。

  • ※別途ご契約が必要な有料のサービスです。
  • ※GLOOBE Constructionからも連携できます。

パノラマで細部まで美しく、簡易VRも手軽に

内観パース作成後、パノラマ画像の出力が簡単に行えます。簡易VRゴーグルでのスマホVRにも対応しました。

ワンタッチで様々なシーンを再現
【P-style for GLOOBE】オプションプログラム

GLOOBEで作成したパースや図面は、ワンタッチで様々なシーンの再現が可能。添景パーツの配置、四季の変化、夜景、手描き風仕上げなど、時間のかかる処理や表現の難しい演出もスピーディに行うことができ、圧倒的な作業効率の向上と、インパクトある“魅せるプレゼン”を実現します。

春/マーカー仕上げ 植栽や人物など添景パーツを配置
夜景 窓の灯の調節も簡単に
立面図/色鉛筆風仕上げ
平面図/オールドセピア風仕上げ

高品質ウォークスルーをスピーディーに
【ARCHITREND リアルウォーカー】オプションプログラム

GLOOBEで作成したモデルデータがダイレクトに連動し、高品質でリアルなウォークスルーや天候シミュレーションなどがその場ですぐに行えます。

※動画の中をマウス(スマートフォンの場合は指)で動かすことができます。

晴・雨など天候別にシミュレーション
建材情報を確認・その場で張替可能

作成した動画はMP4、AVI形式に出力できるため、煩雑な編集なくiPad等での幅広い活用が可能です。またEXE形式の出力で、プログラムを持たないお客様でもご自身のパソコンで納得いくまでプランを確認いただけます。

※EXE閲覧には規定の動作環境を満たすパソコンが必要です。動作環境チェックツールをご用意しておりますのでお試しください。

クラウドでいつでもどこでもプレゼン&データ閲覧
「プレゼンデータ共有サービス ARCHI Box」

作成したパースや図面データをドラッグ&ドロップで簡単にクラウドへアップロードでき、いつでもどこからでもデータ参照可能。パソコンはもちろん専用のアプリを使いiPadなどを使ったプレゼンも容易に行えます。

  • ※「ARCHI Box」は別途ご契約が必要な有償のサービスです。
  • ※ARCHI Boxの動作環境につきましてはこちらをご参照ください。

タブレット・スマートフォン用無料アプリ

ARCHI Boxにアップロードした図面やパースを専用ビューワで閲覧。クライアントとの打ち合わせにも有効です。

Windowsアプリ

ARCHI Box for Windows
GLOOBEで作成した立体データや図面データなどを閲覧できる専用ビューワです。

i OSアプリ

ARCHI Box
GLOOBEで作成した立体データや図面データなどを閲覧できる専用ビューワです。

iXVL Player for FCA
立体データをiPadやiPhoneで表示し、くるくると回して360度あらゆる角度から閲覧できます。

※ご利用には、プレゼンデータ共有サービス「ARCHI Box」のご契約が必要です。

4Dシミュレーション

施工シミュレーションの応用として、各部材に作業区分、日付情報を付加して、進捗に応じた部材表示を可能にします。設計内容の説明や、作業工程の確認に利用できます。

建材・設備をCADで利用「3Dカタログ.com」

CADとWEBショールームがダイレクト連携!メーカー建材を設計に活用!!

3Dカタログ.com」とのシームレスな連携により、シミュレーションした建材·設備データを即座にCADに反映できるため、具体的なプランで完成イメージを伝えることが可能です。

※詳しくは「3Dカタログ.com」でご確認ください。

ソーシャルメディア