クラウド活用で新しいワークスタイルを実現

クラウド上で多彩な業務データを共有・活用。これまでにない設計ワークスタイルを実現!

新しく3Dカタログ.com Bプランに追加された容量50GB(Bプラン1契約につき)のクラウドストレージ データ共有サービス【ARCHITREND Drive】を活用し、ARCHITREND ZEROなどの物件データをダイレクトに保存し、クラウド上でデータの管理・参照・編集が可能です。CADデータだけでなく様々なデータを保存することで、社内、施主様や協業先との非対面での打合せやテレワーク対応もスムーズに。 BCP対策にも利活用できます。

CADデータをダイレクトに保存・画像データの閲覧も簡単

ARCHITREND ZEROなどの物件データを圧縮せずにダイレクト保存可能。クラウド上のCADデータを直接編集できます。また図面保存するだけで図面やパースから画像を自動生成してタブレットなどで閲覧できます。

まどりっちで作成した間取りデータとCADが相互連携。データ利活用が可能に

iPad専用間取り作成アプリ「まどりっち」で作成した初期プランニングやリフォーム現況調査などの間取りデータをARCHITREND ZEROのCADデータに自動変換可能。またCADで作成した平面プランを間取りデータとしてまどりっちに連携、設計担当者が作成したARCHITRENDZERO平面プランを活用して施主様との打ち合わせ・イメージ共有が効果的に行えます。

  • ※CADデータ双方向連携にはARCHITREND ZERO Ver.8基本プログラムと3Dカタログ.com Bプランの契約が必要です。
  • ※Aプランの場合はまどりっちデータのアップロードのみ可能。データ保存は3Dカタログ.com有料契約1契約あたり10プランまでとなります。

オンライン確認申請をサポートする新システム

ARCHITREND ZERO 確認申請チェック→NICE WEB申請システムへの連動で申請業務のミス軽減と作業スピードをアップ!申請をスムーズに

確認申請に必要なZEROデータを3Dカタログ.comの「WEB申請書作成ツール」で申請書式(PDF・XML)として作成して、指定確認検査機関のシステム(NICE WEB申請システム)で読込みが可能です。

※WEB申請書作成ツールのご利用には3Dカタログ.com Bプランの契約が必要です。

ARCHITREND ZERO申請チェック機能の強化で実用的なデータチェックが可能に!

従来のARCHITREND ZERO申請チェック機能を抜本的に見直し、より実用的なデータチェックが可能に!申請図面データの記入漏れやチェック作業を軽減、WEB申請へのスムーズな連携をサポートします。

ユーザー様のご要望を反映し、基本機能を強化!

ユーザー様のご要望【Voice of the Customer】を反映しユーザビリティを向上

これまでユーザー様からご要望を多くいただいた基本機能やコマンドを重点的に改善しました。

  • 【屋根伏図】屋根廻り(妻壁・軒天)の立体改善
    妻壁・軒天の立体表示でうまく作成されない箇所を改善
  • 【天井伏図】天井仕上・内部鉛直天井仕上にロック
    プラン変更時、データ再作成後の一から再入力という手間を解消
  • 【平面図】塗りつぶしパターンを複数登録
    部屋などの塗り潰しチェックを複数パターン保存して切替え可能
  • 【平面図】一括自動処理パターンの複数登録
    複数の自動処理を同時実行させたいなどの複数パターンが可能
  • 【パースモニタ】寸法線配置
    パースモニタ画像上にダイレクトに寸法線を書き込みが可能に。 他

より手軽により美しく!【ARCHITREND V-style】

表現力や操作性がさらに向上。フォトリアルCGオプション【ARCHITREND V-style】

最新レンダリングエンジン【V-Ray】を搭載したフォトリアルCGオプションプログラム。Ver.8では3Dカタログ部品の配置・編集に対応、画像編集機能の追加、芝生やカーペットなどの質感向上、フォトモンタージュ表現に対応 など、表現力や操作性がさらに向上して訴求力の高いビジュアライゼーションが実現可能です。

  • ※プログラムの動作には、ARCHITREND ZERO Ver7.1以降 の基本プログラム+パーススタジオ”P-style”が必要です。